主権回復を目指す会からのお知らせ


[トップに戻る] [新規投稿] [ワード検索] [過去ログ] [投稿ランキング] [管理用]
  • 当掲示板は当会からのお知らせを告知するもので、その他の書き込みは現在、一切受け付けておりません。
村山談話の白紙撤回を求める市民の会 河野談話の白紙撤回を求める市民の会
酒井信彦の日本ナショナリズム

1:抗議文「安倍・自民党政権に告ぐ!侵略を密漁にすり替えるな」[0] 2:【緊急街宣】国辱!国恥!安倍首相と習近平会談[0] 3: 緊急街頭演説のお知らせシナによる日本侵略を許すな!サンゴ“...[0] 4:シンポジウム「在特会によって貶められた愛国運動と日章旗」[0] 5:8月15日 署名運動[0] 6:8月のお知らせ(主権回復を目指す会)[0] 7:警備課長(四谷署)が証人尋問で法廷に [0] 8:緊急街宣:全員集合!山口県へ[0] 9:緊急街宣 オバマ大統領へ警告する!シナ、韓国の歴史捏造に加担...[0] 10:街宣告知 祝!「サンゴ記念日」25周年[0] 11:平成26年4月活動予定[0] 12:第118回 アンチ「水曜デモ」のお知らせ[0] 13:第117回 アンチ「水曜デモ」[0] 14:<第11回名画鑑賞会『日本のいちばん長い日』(監督:岡本喜八...[0] 15:平成26年3月行動予定[0] 16:第10回名画鑑賞会『日本暗殺秘録』(監督:中島貞夫 )[0] 17:第9回名画鑑賞会『叛乱』(監督: 佐分利信・阿部豊)[0] 18:平成26年2月行動予定(主権回復を目指す会[0] 19:【告知】自民党大会へ抗議の声を[0] 20:お知らせ ホームページの更新[0] 21:平成25年12月行動予定[0] 22:講演会のお知らせ・慰安婦強制連行[0] 23:平成25年11月行動予定[0] 24:告知 主権は関知せず[0] 25:◆中止のお知らせ[0] 26:アンチ「水曜デモ」 10月行動予定[0] 27:9.25右から考える脱原発デモin銀座[0] 28:平成25年 9・29反中共デー東京大会 ご案内[0] 29: <9月行動予定>[0] 30:右から考える脱原発デモアフター5in銀座[0] 31:告知  8月15日 のお知らせ[0] 32: 声明文 8月15日に心すること[0] 33:抗議行動「米国の戦争犯罪に時効はない!米国大使館前で原爆犠牲...[0] 34:講演会のお知らせ[0] 35:時間の変更 アンチ「水曜デモ」[0] 36:第7回名画鑑賞会『雲ながるる果てに』[0] 37:イヤガラセ電話番号の公開[6] 38:第一回口頭弁論 アンチ「水曜デモ」裁判[0] 39:東京地裁に訴えを提起![0] 40:【お知らせ】アンチ「水曜デモ」の案内[0] 41:第6回名画鑑賞会『日本の夜と霧』(監督:大島 渚 松竹作品)[0] 42:アンチ「水曜デモ」参加者各位[0] 43:第5回名画鑑賞会『赤線地帯』(監督:溝口健二 大映製作)[0] 44:「主権回復式典」の中止要請 自民党街宣とデモ行進[0] 45:街宣 祝!「サンゴ記念日」24周年[0] 46:中止要請 <「主権回復式典」の中止を! 天皇陛下の政治利用は...[0] 47:第4回名画鑑賞・意見交換会 『暗殺』(監督・ 篠田正浩)[0] 48:第3回名画鑑賞・意見交換会『カルメン故郷に帰る』[0] 49:三月行動予定[0] 50:第2回名画鑑賞・意見交換会[0] 51:告知街宣 <反日朝鮮人の安世鴻を東京地裁から、日本から叩き出...[0] 52:緊急抗議 <安倍総理の「河野談話」の踏襲を許すな!>[0] 53: 第一回名画鑑賞・意見交換会[0] 54:アンチ「水曜デモ」一周年の集い講演会[0] 55:<経団連糾弾!尖閣諸島をシナに差し出す金儲け集団[0] 56:緊急 池袋西口 「シナの反日破壊デモ糾弾!」[0] 57:緊急街宣(有楽町マリオン前)[0] 58:緊急要請 <自民党は今こそ「河野談話」の白紙撤回を!>[0] 59:糾弾街宣「尖閣諸島を守れ、シナ人の反日暴動に鉄槌を!」[0] 60:8月の行動予定[0] 61:抗議街宣 「表現の自由」を騙る安世鴻に天罰を![0] 62:安世鴻の捏造写真展を許すな![0] 63:4月行動予定[0] 64:決定!毎週水曜日(韓国大使館前)[0] 65:【告知】3月活動予定[0] 66:2月活動予定[1] 67: 初年度初の「アンチ『水曜デモ』」[0] 68:裁判と街宣(創価学会)のお知らせ[17] 69:【告知】自民党大会へ抗議の声を[0] 70:自民党へ本部へ(16日)抗議文の手交[0] 71:【緊急速報】絶対阻止!環境テロリストの釈放決定[0] 72:緊急街宣(海上保安庁へ1月10日)[0] 73:裁判傍聴と街宣 <警察官の発砲を支持するぞ!> [1] 74:12月13日、14日は外務省へ![0] 75:講演会「シナ人がちっとも守らない孔子の教え」[0] 76:緊急要請 朝鮮人元売春らの入国を認めるな![0] 77:報告集会「なぜ?中止になった国士舘大学学部祭」[0] 78:毎週決行!韓国大使館へアンチ「水曜デモ」[0] 79:集合!韓国水曜デモを粉砕せよ[0] 80:決議文 「脱原発!愛国デモ行進」[0] 81:◆デモ時間の変更 脱・原発 !愛国デモ行進 [0] 82:主 張(主権回復を目指す会)[45] 83:◆意見発表・交換会のお知らせ[1] 84:10月 行動計画のお知らせ[2] 85:9月行動予定(随時更新)[1] 86:7,8月行動予定[3] 87:シンポジウム「原発の是非を問う これからのエネルギーを考える...[3] 88:【再掲載】必聴の講座 「日本ナショナリズム研究所の歴史基本講...[15] 89:裁判のお知らせ[2] 90:緊急!シナ大使館への土地売却を阻止せよ[2] 91:温家宝と李明博への警告街宣[0] 92:検察庁へ緊急街宣と抗議[17] 93:国民よ!正しい“パニックに陥ろう”[42] 94:4月28日を「国恥」記念日にせよ[2] 95:緊急要請 政府は直ちに総動員法を発令しろ![0] 96:「主権回復記念日」の重大な誤り[6] 97:3月10日に10万人焼殺の懇親会![4] 98:声 明 文<「愛国」に名を借りたレッテル貼りを止めよう!>[9] 99:永田そういち君が千代田区議会選に![0] 100:自民・民主は本家と分家、利権分配集団の兄と弟だ[5]
スレッド一覧はこちら


抗議文「安倍・自民党政権に告ぐ!侵略を密漁にすり替えるな」  投稿者:主権回復を目指す会 投稿日:2014/11/18(Tue) 13:15 ID:0LiPw14w No.567 引用


安倍・自民党政権に告ぐ!「侵略を密漁にすり替えるな」

          抗 議 文「安倍・自民党政権に告ぐ」

  <侵略を密漁にすり替えるな! 領海侵犯のシナ漁船を銃撃・撃沈せよ>


内閣総理大臣 安倍晋三 殿
内閣官房長官 菅 義偉 殿


このたび、サンゴ漁と称して尖閣諸島近海から伊豆諸島並びに小笠原諸島へ移動したシナ船舶は漁船ではなく、歴としたシナ海上民兵が操船する軍艦と認識するべきで、警告を無視して遂行する領海侵犯は侵略行為そのものである。侵略とは国家の意思をかけた宣戦布告であって、これを密漁にすり替える安倍・自民党政権とマスコミの欺瞞には怒りを抑えられない。

密漁とは夜陰に紛れて人の目を盗んでの窃盗行為を指す。五星紅旗を掲げての白昼の堂々たる窃盗行為などあるはずがない。明らかな侵略という仕掛けられた戦争そのもの、これを密漁にすり替える精神の何というあざとさだろうか。戦争という緊急事態に対峙しない、出来ない腑抜けを隠蔽する精神の荒廃をさらけ出して余りある。

10日に行われた安倍首相と習近平の首脳会談で、安倍首相は現在進行中のシナによる伊豆諸島と小笠原諸島での侵略行為には一言も触れず、抗議・非難を避けた。周辺島民の安全と国家利益を死守するどころか、シナの侵略を黙認・受け入れてしまった。

身体を張りながら、しかも武器の使用が出来ないままシナ侵略主義と対峙する海保職員の心情たるやどれほどの苦渋に満ちていることか。その最中での国辱と国恥で汚された首脳会談、海保の彼らは悔し涙を流しているだろう。

会談では「戦略的互恵関係」の確認に基づく利益の共有を謳っているが、シナは世界最大の虐殺国家にして最強の侵略国家、それとの「互恵関係」など成立するわけがない。

習近平は歴史認識を巡って「歴史の問題は13億人中国人民の感情の問題」だと指摘し、「村山談話」などの歴代日本政府による約束の履行を迫った。これに対して、安倍首相は素直に「歴代内閣の歴史認識を引き継ぐ」と従順の意を示したのだ。

何のことはない、安倍首相はサンゴ“密漁”に抗議する目的ではなく、「南京大虐殺」と「慰安婦強制連行」の歴史捏造を認めるためにわざわざ北京詣でをしてしまった。完全なる敗北に終わった首脳会談、シナはしてやったりとほくそ笑んでいるはずだ。

しかも、この会談が行われている最中の10日に、何とシナは141隻の漁船を日本領海内に侵犯させている。わが国に対して、挑発と侮蔑の限りを演じている。我々にとって何という国辱、何という国恥であろうか。日本人としての意識が欠片でもあったら、こんな国辱、国恥は絶対に受容できない。国民の生命・財産・安全を死守できず、何が政治家か、少しは恥を知れと言いたい。

※参考↓
 ◆ 参考【中国漁船141隻を確認 領海内にも 海保】↓
  http://www.sankei.com/affairs/news/141110/afr1411100039-n1.html

政治家に課せられた使命は国民の生命・財産・安全を守ると共に、その名誉を守ることに尽きる。その使命を全うできないなら政治生命を自ら絶つべきである。

安倍・自民党政権に告ぐ。

国家と民族の名誉にかけて、日本領海を侵犯するシナ漁船を銃撃・撃沈せよ!
シナ漁船を血祭りにあげて、首脳会談の大失態を日本国民に謝罪せよ!

平成26年11月12日    
主権回復を目指す会      
渋谷区代々木2−23−1ニュースティトメナー 1241号
- Count.151 (Last.2014/11/11 12:36) -

【緊急街宣】国辱!国恥!安倍首相と習近平会談  投稿者:主権回復を目指す会 投稿日:2014/11/11(Tue) 12:36 ID:hbNXdolc No.566 引用

【緊急街宣】国辱!国恥!安倍首相と習近平会談


緊急街宣第二弾「安倍・自民党政権に告ぐ!シナ漁船を銃撃・撃沈せよ」


侵略・略奪に抗議しなかった日中(シナ)首脳会談の愚挙
         シナの略奪を黙認・受け入れた安倍・自民党政権に鉄槌を!


日時:平成26年11月12日(水)12:00 
場所:自民党本部前 ※安倍首相への抗議文の提出あり
主催:主権回復を目指す会(090−2756−8794)


北京で日中首脳会談が予定される前日の10月9日、主権回復を目指す会は有楽町マリオン前でシナの侵略を糾弾すると共に、安倍自民党政権に対してサンゴ略奪に狂奔するシナ漁船を「銃撃・撃沈せよ!」との緊急演説会を催した。

このたび、尖閣諸島近海から伊豆諸島並びに小笠原諸島へ移動したシナ船舶は漁船ではなく、歴としたシナ海上民兵が操船する軍艦と認識するべきで、警告を無視して遂行する領海侵犯は侵略行為そのものである。侵略とは国家の意思をかけた宣戦布告であって、これを密漁にすり替える安倍・自民党政権とマスコミの欺瞞には怒りを抑えられない。

再三再四繰り返すが密漁とは夜陰に紛れて人の目を盗んでの窃盗行為を指す。五星紅旗を掲げての白昼の堂々たる窃盗行為などあるはずがない。明らかな侵略という仕掛けられた戦争そのもの、これを密漁にすり替える精神の何というあざとさ、腑抜け振りだろうか。今さらながら唖然とするばかりである。

10日に行われた安倍首相と習近平の首脳会談で、安倍首相は現在進行中のシナによる伊豆諸島と小笠原諸島での侵略行為には一言も触れず、抗議・非難を避けた。周辺島民の安全と国家利益を死守するどころか、シナの侵略を黙認・受け入れてしまった。身体を張りながら、しかも武器の使用が出来ないままシナ侵略主義と対峙する海保職員の心情たるや如何に、悔し涙を流しているだろう。日本人にとって、国辱と国恥に満ち満ちた首脳会談だった。

会談では「戦略的互恵関係」の確認に基づく利益の共有を謳っているが、シナは世界最大の虐殺国家にして最強の侵略国家、それとの「互恵関係」など成立するわけがない。

習近平は歴史認識を巡って「歴史の問題は13億人中国人民の感情の問題」だと指摘し、「村山談話」などの歴代日本政府による約束の履行を迫った。これに対して、安倍首相は素直に「歴代内閣の歴史認識を引き継ぐ」と従順の意を示した。

何のことはない、安倍首相はサンゴ“密漁”に抗議する目的ではなく、「南京大虐殺」と「慰安婦強制連行」の歴史捏造を認めるためにわざわざ北京詣でをしたのであった。完全なる敗北に終わった首脳会談、シナはしてやったりとほくそ笑んでいるはずだ。

しかも、この会談が行われている最中の10日に、何とシナは141隻の漁船を日本領海内に侵犯させていた。わが国に対して、挑発と侮蔑の限りを演じている。何という国辱、何という国恥であろうか。日本人としての意識が欠片でもあったら、こんな国辱、国恥は絶対に受容できない。

※参考↓
 【中国漁船141隻を確認 領海内にも 海保】
  http://www.sankei.com/affairs/news/141110/afr1411100039-n1.html

安倍・自民党政権に告ぐ!
国家と民族の名誉にかけて、日本領海を侵犯するシナ漁船を銃撃・撃沈せよ!
シナ漁船を血祭りにあげて、首脳会談の大失態を日本国民に謝罪せよ!
- Count.150 (Last.2014/11/07 12:30) -

 緊急街頭演説のお知らせシナによる日本侵略を許すな!サンゴ“...  投稿者:主権回復を目指す会 投稿日:2014/11/07(Fri) 12:30 ID:rpjuNc82 No.565 引用

 緊急街頭演説のお知らせ

<シナによる日本侵略を許すな!サンゴ“密漁”はシナ人民兵の直接侵略だ >
http://nipponism.net/wordpress/?p=29384

弁士:酒井信彦(元東大教授)西村修平(主権回復を目指す会代表) その他

日時:平成26年11月9日(日)14:00から 
場所:有楽町マリオン前

主催:主権回復を目指す会(090-2756-8794)

二百隻以上のシナ漁船による伊豆諸島並びに小笠原諸島でのサンゴ略奪は断じて密はではない。密漁とは夜陰に紛れて人の目を盗んでの窃盗行為を指す。シナ漁船は「五星紅旗」を掲げながらの窃盗行為である。中華人民共和国の国旗を掲げながらの密漁などあるはずがない。これぞ、正真正銘の資源の略奪という日本に対する直接侵略である。

心ある日本人に取って消しがたい屈辱の記憶として平成20年4月26日、長野市内で行われた北京オリンピック聖火リレーがある。約五千人のシナ人留学生が長野市内に集結し、やりたい放題の乱暴狼藉を働き、人権侵害国家の中国共産党を礼賛しまくった。徒党を組んだ大量のシナ人を前に、日本の警察は一切の手出しが出来なかった。
◆参考↓
 【長野聖火リレーで暴発したシナ人の横暴に鉄槌を下せ】
  http://shukenkaifuku.com/past/KoudouKatudou/2008/080426.html

更にそれをさかのぼる昭和53年4月、機銃で武装した100隻を超えるシナ漁船が尖閣諸島に集結し、領海侵犯を繰り返したが、大量の漁船を前に海上保安庁は退去の「お願い」しかできなかった。

上記はいずれも、シナ伝統の人口侵略という数による他民族制圧の具体例であり、この度のサンゴ“密漁”は日本が侵略の対象にされている実例である。今日のチベット、東トルスキタン(ウィグル)、南モンゴルを明日の日本にしてはならない。

◆参考

主権回復を目指す会は会の理念として、「シナによる日本侵略三段階」掲げている。
シナの日本侵略は三段階に区分される。

第一段階は精神侵略、第二段階は人口侵略、第三段階が軍事侵略である。この三つは絡み合いつつ、ほぼ同時に進行している。

第一段階は、教科書「誤報」問題に端を発し、南京大虐殺や首相靖國神社参拝中止など、近代の歴史認識の偽造を通して日本人の精神を侵略する過程である。この段階は既に完成したといって良い。反日破壊活動をはじめ、シナ人による組織的犯罪に対して何ら抗議すら出来ず、拱手傍観に勤めている。不当極まりない内政干渉に対しても同様な対応は、国政レベルから社会の上下に貫き渡っており、残念ながら精神侵略の事実を証明している。精神侵略が完成すれば、日本侵略の半ばは完成したといって良い。

第二段階は、国籍簡易取得制度、外国人地方参政権や人権擁護法案を通し、地方の過疎地にシナ人が大量に居住しつつ地方から近郊都市を席巻する人口侵略である。毛沢東思想による「農村から都市へ」の日本での具体的実践である。これも半ば完了・進行しつつあるが、既に成立した国籍感取得制度で一気に加速・完成する。その時、シナ人の爆発的な人口増殖は抑えられない。人口増殖の次元は日米安全保障条約でもこれを阻止出来ない。

第三段階は軍事侵略であるが、第一、第二段階が完成した暁には、最小限の軍事侵攻で事を成就出来る。既に、東シナ海での我が国の海洋資源が簒奪されているなか、同海域を支那の原子力潜水艦が意図的に領海侵犯を繰り返すも、国家として毅然たる対応を示せない現実。マスコミの情報封鎖も加担して、尖閣諸島の実質的領有放棄などを含め、同海域に於ける日本の国家主権は無きに等しい。
- Count.149 (Last.2014/09/12 10:50) -

シンポジウム「在特会によって貶められた愛国運動と日章旗」  投稿者:主権回復を目指す会 投稿日:2014/09/12(Fri) 10:50 ID:xNktSStw No.564 引用

シンポジウム「在特会によって貶められた愛国運動と日章旗」
http://nipponism.net/wordpress/?p=28629

   <在特会とは民団、総連に奉仕する人権擁護法案の別働隊 >

@基調講演:演題は未定ですが在特会について 講師・野村旗守(ジャーナリスト)

Aシンポ「在特会によって貶められた愛国運動と日章旗」

登壇者(確定):西村修平(主権回復を目指す会) 野村旗守(ジャーナリスト)山口祐二郎(憂国我道会) 安田浩一(ジャーナリスト)順不同

登壇者(交渉中):高田(桜井)誠 有門大輔、他
※なお、登壇を要請した村田春樹氏は「先約による都合」、瀬戸弘幸氏からは山口氏から「呼び捨て」にされたことを理由に、八木氏からは「翌日の仕事に支障をきたすような事は控えたい」との理由で欠席の連絡を頂いている。


日時:平成26年9月21日(日) 17:30開場 18:00開演

場所:文京区民センター(3−C会議室)東京都文京区本郷 4-15-14 03(3814)6731
 地図: http://www.jca.apc.org/~monsoon/bunkyoukumincenter.htm
 アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線) 後楽園(丸の内線、南北線) JR 水道橋

 会場負担費:千円(学生 500円)

                    【シンポジウムの趣旨】

京都朝鮮学校を巡ったいわゆる「京都事件」は、公園の不法占拠を糾す大義が「ヘイトスピーチ」の名の下にその大義が完全に抹殺され、「民族差別」へとねじ曲げられ高額の賠償金を伴う敗訴を生じている。なぜ、かくなる結果を招いたのか、その原因は・・・。

在特会(桜井こと高田誠)は新大久保で「お散歩デモ」と称して店舗を兼ねた住宅街を「朝鮮人出てこい!殺しに来た」などと喚き散らすデモを頻繁に繰り返した。ヘイトスピーチの烙印を押されることを敢えて楽しむがごとき、マスコミや世間を挑発しまくった。警察の先導・保護の下に繰り広げる高田らの狂気が意図的かどうか定かではない。だがこれらは只の狂気であって、純然たる脅迫事件であり、「民族差別」でも何でもない。

しかし、民団と総連はこれを「民族差別」として逆利用し、一部の在日は自らが民族差別の被害者をアピールし、国連を巻き込んで己らの特権を現実化する法的整備に全力を注いでいる。

にもかかわらず、高田、八木の二人は「ニコ生」に浸りきって、酒を飲みながら「朝鮮人なんてあんな奴ら人間じゃねー」と言いたい放題の侮蔑を吐き、これをネットで流して悦に入る真似を平然と行った。裁判の進行中に、被告の立場でありながらである。高額の賠償金を伴う敗訴はすべて在特会に責任があるといっていい。

当の被告らによって大義をかけた裁判が、徹底的に破壊されまくったのである。そればかりではない、日の丸を掲げた諸々の愛国運動までが「ヘイト」と一緒くたにされ、行動の正当性が歪曲・抹殺されようとしている。

民団と総連は大喜びし、高田誠らに感謝しているに違いない。「在特会」、それは民団、総連に奉仕する別働隊、人権擁護法案の水先案内人と言っていい。民族差別の被害者を装う上で欠かせない貴重な存在が「在特会」であり、高田誠である。

このシンポジウムでは「ヘイトデモ」主催者は勿論、賛同者とこれを擁護した人らに己の“正当性”を開陳して頂かねばならず、その上で民族差別とは何かという議論を深めたい。

主催:主権回復を目指す会 連絡:西村(090-2756-8794)
- Count.148 (Last.2014/08/03 21:13) -

8月15日 署名運動  投稿者: 主権回復を目指す会 投稿日:2014/08/12(Tue) 18:18 ID:EVJnJkqI No.563 引用

◆署名運動<「河野談話」の白紙撤回を求める署名活動>

シナ・朝鮮によって靖国の英霊が着せられている慰安婦強制連行の汚名を濯(そそ)ぐための活動。8月15日は英霊と戦没者を追悼する日であり、九段下界隈は静謐な祈りの空間として意識すべきで、この点を心して署名運動を行います。
場所は神保町交差点(岩波書店・信山社)で行います。

 日時:8月15日(金) 11:00から14:00まで   
 場所:神保町交差点(岩波書店・信山社)※岩波は朝日新聞と並ぶ慰安婦強制連行の発信母体です

 主催:主権回復を目指す会 河野談話の白紙撤回を求める市民の会
 連絡:西村(090ー2756ー8794)
- Count.2 (Last.2014/06/30 13:42) -


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗号キー

- JN + YYB + alpha -

- Joyful Note -
enhanced by [w-Space.net]