342132

主権回復を目指す会からのお知らせ


[トップに戻る] [新規投稿] [ワード検索] [過去ログ] [投稿ランキング] [管理用]
  • 当掲示板は当会からのお知らせを告知するもので、その他の書き込みは現在、一切受け付けておりません。
村山談話の白紙撤回を求める市民の会 河野談話の白紙撤回を求める市民の会
酒井信彦の日本ナショナリズム

1:9月4日街宣 檄!小異を捨て大同に 「日米地位協定」の全面改...[0] 2:変更のお知らせ[0] 3:平成28年8月行動予定 原爆投下71周年忌など[0] 4:平成28年5月行動予定[0] 5:平成28年4月行動予定(朝日新聞本社前など[0] 6:延期のお知らせ[0] 7:平成28年3月行動予定(自民党大会など)[0] 8:【街宣告知】「竹島は日本固有の領土だ!2月22日は竹島の日」[0] 9:定例街宣「 自民党の堕落は歴史認識ばかりではない!政党交付金...[0] 10:延期のお知らせ[0] 11:告知街宣:五輪エンブレム、「河野談話」こそ白紙撤回を![0] 12:8月の「抗議街宣」と「署名運動」のお知らせ[0] 13:抗議行動「原爆投下70周年忌 米国の原爆投下に時効はない」[0] 14:抗議・要請文「アディダスは環境テロリスト・シー・シェパード(...[0] 15:告知街宣「なぜ黙るのか日本人よ!外務省へ責任を転嫁した安倍・...[0] 16:告知街宣「韓国に譲歩した安倍政権の許し難い屈服・屈辱」[1] 17:街宣告知「日韓国交50年式典の欺瞞を糾す[0] 18:緊急街宣「憤怒!安倍政権・二階俊博の売国を糾す[0] 19:五月定例街宣のお知らせ[0] 20:街宣告知 祝!「サンゴ記念日」26周年[0] 21:自民党大会と東京大空襲70周年忌[0] 22:告知街宣「竹島は日本固有の領土だ! 2月22日は竹島の日」[0] 23: 建国記念日を奉祝する前に[0] 24: 【定例街宣の告知】戦後70年談話(安倍政権)のまやかしを糾...[0] 25:抗議文「安倍・自民党政権に告ぐ!侵略を密漁にすり替えるな」[0] 26:【緊急街宣】国辱!国恥!安倍首相と習近平会談[0] 27: 緊急街頭演説のお知らせシナによる日本侵略を許すな!サンゴ“...[0] 28:シンポジウム「在特会によって貶められた愛国運動と日章旗」[0] 29:8月15日 署名運動[0] 30:8月のお知らせ(主権回復を目指す会)[0] 31:警備課長(四谷署)が証人尋問で法廷に [0] 32:緊急街宣:全員集合!山口県へ[0] 33:緊急街宣 オバマ大統領へ警告する!シナ、韓国の歴史捏造に加担...[0] 34:街宣告知 祝!「サンゴ記念日」25周年[0] 35:平成26年4月活動予定[0] 36:第118回 アンチ「水曜デモ」のお知らせ[0] 37:第117回 アンチ「水曜デモ」[0] 38:<第11回名画鑑賞会『日本のいちばん長い日』(監督:岡本喜八...[0] 39:平成26年3月行動予定[0] 40:第10回名画鑑賞会『日本暗殺秘録』(監督:中島貞夫 )[0] 41:第9回名画鑑賞会『叛乱』(監督: 佐分利信・阿部豊)[0] 42:平成26年2月行動予定(主権回復を目指す会[0] 43:【告知】自民党大会へ抗議の声を[0] 44:お知らせ ホームページの更新[0] 45:平成25年12月行動予定[0] 46:講演会のお知らせ・慰安婦強制連行[0] 47:平成25年11月行動予定[0] 48:告知 主権は関知せず[0] 49:◆中止のお知らせ[0] 50:アンチ「水曜デモ」 10月行動予定[0] 51:9.25右から考える脱原発デモin銀座[0] 52:平成25年 9・29反中共デー東京大会 ご案内[0] 53: <9月行動予定>[0] 54:右から考える脱原発デモアフター5in銀座[0] 55:告知  8月15日 のお知らせ[0] 56: 声明文 8月15日に心すること[0] 57:抗議行動「米国の戦争犯罪に時効はない!米国大使館前で原爆犠牲...[0] 58:講演会のお知らせ[0] 59:時間の変更 アンチ「水曜デモ」[0] 60:第7回名画鑑賞会『雲ながるる果てに』[0] 61:イヤガラセ電話番号の公開[6] 62:第一回口頭弁論 アンチ「水曜デモ」裁判[0] 63:東京地裁に訴えを提起![0] 64:【お知らせ】アンチ「水曜デモ」の案内[0] 65:第6回名画鑑賞会『日本の夜と霧』(監督:大島 渚 松竹作品)[0] 66:アンチ「水曜デモ」参加者各位[0] 67:第5回名画鑑賞会『赤線地帯』(監督:溝口健二 大映製作)[0] 68:「主権回復式典」の中止要請 自民党街宣とデモ行進[0] 69:街宣 祝!「サンゴ記念日」24周年[0] 70:中止要請 <「主権回復式典」の中止を! 天皇陛下の政治利用は...[0] 71:第4回名画鑑賞・意見交換会 『暗殺』(監督・ 篠田正浩)[0] 72:第3回名画鑑賞・意見交換会『カルメン故郷に帰る』[0] 73:三月行動予定[0] 74:第2回名画鑑賞・意見交換会[0] 75:告知街宣 <反日朝鮮人の安世鴻を東京地裁から、日本から叩き出...[0] 76:緊急抗議 <安倍総理の「河野談話」の踏襲を許すな!>[0] 77: 第一回名画鑑賞・意見交換会[0] 78:アンチ「水曜デモ」一周年の集い講演会[0] 79:<経団連糾弾!尖閣諸島をシナに差し出す金儲け集団[0] 80:緊急 池袋西口 「シナの反日破壊デモ糾弾!」[0] 81:緊急街宣(有楽町マリオン前)[0] 82:緊急要請 <自民党は今こそ「河野談話」の白紙撤回を!>[0] 83:糾弾街宣「尖閣諸島を守れ、シナ人の反日暴動に鉄槌を!」[0] 84:8月の行動予定[0] 85:抗議街宣 「表現の自由」を騙る安世鴻に天罰を![0] 86:安世鴻の捏造写真展を許すな![0] 87:4月行動予定[0] 88:決定!毎週水曜日(韓国大使館前)[0] 89:【告知】3月活動予定[0] 90:2月活動予定[1] 91: 初年度初の「アンチ『水曜デモ』」[0] 92:裁判と街宣(創価学会)のお知らせ[17] 93:【告知】自民党大会へ抗議の声を[0] 94:自民党へ本部へ(16日)抗議文の手交[0] 95:【緊急速報】絶対阻止!環境テロリストの釈放決定[0] 96:緊急街宣(海上保安庁へ1月10日)[0] 97:裁判傍聴と街宣 <警察官の発砲を支持するぞ!> [1] 98:12月13日、14日は外務省へ![0] 99:講演会「シナ人がちっとも守らない孔子の教え」[0] 100:緊急要請 朝鮮人元売春らの入国を認めるな![0]
スレッド一覧はこちら


シンポジウム「原発の是非を問う これからのエネルギーを考える...  投稿者:主権回復を目指す会 投稿日:2011/05/26(Thu) 10:56 ID:rOejxdXU No.446 引用

シンポジウムの案内

「原発の是非を問う これからのエネルギーを考える」


【登壇者】
推進派:永井清之氏(京大工学部卒)

維持(推進)派:八木康洋氏 (在特会副会長)

反原発(過渡期)派:松本英志(主権回復を目指す会) 

脱原発(過渡期)派:野村旗守氏(ジャーナリスト)

反原発:不特定に要請中

原発被害当事者:瀬戸弘幸氏(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』)

司会:西村修平(主権回復を目指す会)


日時:平成23年6月10日(金) 18:00開場 18:30開演

場所:文京区民センター ◆シビックではありません。

場所:文京区民センター (2−A会議室 )03(3814)6731
http://www.bunkyoku-town.com/map/bn013206/

アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

 会場負担費:千円 


福島第一原発の終息が未だ目途が立たず、原発を巡る議論が迷走している。国家を支える電力エネルギーの問題は近代産業ばかりか、一市民の日常生活にも直に影響を与えている。

原発を巡る維持(推進)、反、脱(過渡期)の論客、さらには「原発の火を消すなデモ行進」を主催した在特会の桜井会長をお招きし、それぞれの見解を述べて論議を交わして頂きます。

相互に議論を交わしことで、見解の相違を越えたエネルギー問題の如何を考えて見たい。


主催:主権回復を目指す会 

連絡:西村(090-2756-8794)
- Count.61 (Last.2011/05/20 13:25) -


八木康洋さんが登壇  主権回復を目指す会事務局 - 2011/05/30(Mon) 20:44 ID:w41S7D0Y No.448 引用
シンポジウムには、八木康洋さんが登壇されることになりました。

なお八木さんは「在特会」としてではなく個人てしての立場から、原発についての意見を述べます。

シンポジウムでは質疑応答の時間もたっぷり設けます。ネットの生中継もします。
- Count.322 (Last.2011/05/27 20:52) -


生中継を実施  主権回復を目指す会 - 2011/06/08(Wed) 12:44 ID:J/WoztWo No.451 引用
生中継は下記のユーストリームでおこなう予定です。
http://www.ustream.tv/channel/koudoudouga

ニコニコ動画と違い無料で中継できます
- Count.64 (Last.2011/06/05 21:05) -


会場は区民センターです  主権回復を目指す会 - 2011/06/10(Fri) 08:52 ID:eHGfrggQ No.452 引用
◆会場は区民センターです。シビックではありません。

下記が区民センターの正しい地図です。

http://www.bunkyoku-town.com/map/bn013206/





【再掲載】必聴の講座 「日本ナショナリズム研究所の歴史基本講...  投稿者:主権回復を目指す会事務局 投稿日:2011/03/28(Mon) 23:21 ID:VQsVnGhA No.296 引用

スレッドが流れてしまった為、再掲載いたします。
投稿日:2010/11/04(Thu) 19:28 の分

必聴の講座

「日本ナショナリズム研究所の歴史基本講座」

【講座開講の主旨と目的】
国家終焉の断末魔が聞こえてくる昨今、目を覆う個々の諸問題に対応するのは勿論だが、世界史の基本を学び、その原点から発想すれば現代日本の諸問題をより深く認識できる。錯綜する些末な現象に惑わされず、本質を見極めたより効果的な運動を期待できるであろう。

歴史の基本を学ぶ上で大切な点は、日本史を世界史の座標軸に据え、なおかつ要点を押さえ理解することである。このような歴史の基本教育は今の学校教育ではまず教えられることはないし、マスコミにおいても無視されている。

現在の日本が混迷状態に陥っている根本原因は、大和魂すなわち民族意識を完全に喪失しているからである。民族意識を取り戻すためには、日本の過去の栄光を追い求めるだけでは駄目で、世界の近代史と現実に関する、基本的な客観的真実を知る必要がある。

本講座を開講する目的は、受講者がそれを学ぶことによって、日本を再生する先兵となってもらうことにある。

講師:酒井信彦(元東京大学教授 日本ナショナリズム研究所代表)


日時:第一回目 平成22年11月11日(木)18:00開場 18:30開始
   第二回目 平成22年11月25日(木)18:00開場 18:30開始
   第三回目 平成22年12月10日(金)18:00開場 18:30開始
第四回目 平成22年12月24日(金)18:00開場 18:30開始
   第五回目 平成23年 1月12日(水)18:00開場 18:30開始
   第六回目 平成23年 1月26日(水)18:00開場 18:30開始
   第七回目 平成23年 2月14日(月)18:00開場 18:30開始
第八回目 平成23年 2月25日(金)18:00開場 18:30開始
第九回目 平成23年 3月 8日 (火) 18:00開場 18:30開始
第十回目 平成23年 5月12日(木)18:00開場 18:30開始
第十一回目 平成23年 5月25日(水)18:00開場 18:30開始
第十二回目 平成23年 6月 8日(水)18:00開場 18:30開始


場所:文京区民センター (3ーD会議室 )03(3814)6731
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

 資料代:一般 千円 

○歴史基本講座 十二回のタイトル
第一回 歴史の基礎概念―歴史を考えるための手がかり―
第二回 近代以前の世界史の大要
第三回 日本の歴史の特徴
第四回 ヨーロッパ文明圏の拡大―歴史の第三段階の開始―
第五回 帝国主義による世界分割の完成
第六回 第一次世界大戦とその歴史的意味
第七回 第二次世界大戦とその歴史的意味
第八回 第二次世界大戦後の世界―東西対立―
第九回 中華人民共和国(中共)とシナ侵略主義
第十回 東西対立の消滅、しかし存続する矛盾
第十一回 米中結託による歴史の逆流
第十二回 騙され切った民族・日本の惨状

使用テキスト(必携):『世界史年表・地図』(吉川弘文館 千三百円)

主催:日本ナショナリズム研究所 事務局:主権回復を目指す会
連絡:西村(090-2756-8794)又はinfo@shukenkaifuku.com
- Count.267 (Last.2011/03/28 23:16) -

レスが5件省略されています。[スレッド全体を表示]


第六回 第一次世界大戦とその歴史的意味  主権回復を目指す会事務局 - 2011/03/28(Mon) 23:25 ID:VQsVnGhA No.302 引用
投稿日:2011/01/23(Sun) 18:02 の分

○ 日本ナショナリズム研究所 歴史基本講座         

第六回 第一次世界大戦とその歴史的意味(酒井信彦)

日時:平成23年1月26日(水)18:00会場 18:30開始

場所:文京区民センター (3ーD会議室 )03(3814)6731
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

 資料代:一般 千円 警察・公安関係者 一万円

使用テキスト(必携):『世界史年表・地図』(吉川弘文館 千三百円)
主催:日本ナショナリズム研究所 事務局:主権回復を目指す会
連絡:西村(090-2756-8794)又はinfo@shukenkaifuku.com


第六回 第一次世界大戦とその歴史的意味  酒井信彦

1、帝国主義と日本の躍進
 @日露戦争とその結果     英露の対立、日英同盟(地図47B) 
満州の利権獲得 朝鮮半島完全支配、(地図48CF) 辛亥革命(地図48G)
 A条約改正の実現
1899領事裁判権撤廃  1911関税自主権回復    先進国=列強の一つに、
 B日本帝国主義の特徴
遅れて来た帝国主義、     近隣地域へ、    非欧米で唯一、

2、第一次世界大戦
 @基本構図と直接原因
ドイツの躍進と英・仏・露(地図50@A) バルカン民族問題(地図50CD)
 A経過
発端 サラエヴォ事件 オーストリア皇太子暗殺(地図51@A)
同盟国・連合国・中立国 西部戦線と東部戦線(地図51@・52@)
ロシア革命 ソ連の単独講和 アメリカの参戦(地図52@) 西部戦線の膠着
 B戦後処理
ヴェルサイユ講和会議、ヨーロッパの民族独立(地図53@)、
ドイツ制裁(地図52AB)、      国際連盟(地図52B)
 C日本と第一次大戦
急速な経済成長    四倍の拡大
  アジアのドイツ領攻撃(地図52@) 対支21か条要求 シベリア出兵
 D歴史的意義と問題点
戦争の惨禍  国際連盟創設(地図52B)
  民族独立の原則の実現(地図53@)   但しヨーロッパのみ

3、日本の大国化とその反動
@国際連盟
五大国の一員、常任理事国(地図52B)  ドイツ植民地の継承(地図52B)
A経済成長の反動と天災
戦後不況          関東大震災
Bアメリカの対日警戒
ワシントン会議   四カ国条約 九カ国条約 海軍軍縮条約
  アメリカの排日   移民禁止
C朝鮮・シナの動向
三・一独立運動   文治政治への転換
シナの排日  五四運動       軍閥の割拠と北伐(地図53C)
- Count.273 (Last.2011/03/28 23:24) -


第七回 第一次世界大戦とその歴史的意味(酒井信彦)  主権回復を目指す会事務局 - 2011/03/28(Mon) 23:26 ID:VQsVnGhA No.303 引用
第七回 第一次世界大戦とその歴史的意味(酒井信彦)

日時:平成23年2月14日(月)18:00会場 18:30開始

場所:文京区民センター (3ーD会議室 )03(3814)6731
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

 資料代:一般 千円 警察・公安関係者 一万円

使用テキスト(必携):『世界史年表・地図』(吉川弘文館 千三百円)
主催:日本ナショナリズム研究所 事務局:主権回復を目指す会
連絡:西村(090-2756-8794)又はinfo@shukenkaifuku.com



第七回 第二次世界大戦とその歴史的意味(酒井信彦)

1、第二次世界大戦の前提、ドイツと日本 持たざる国
 @ドイツの苦境   第一次大戦の結果
戦後賠償、インフレ      フランスの野望(地図52)
 Aナチスの台頭と侵略
合法的に独裁政権  復興と支持  ヴェルサイユ体制の否定(地図54)
 B日本の苦境   戦後不況   アメリカの対日警戒   シナの反日
金融恐慌、農村の疲弊     英仏ブロック経済、 大植民地の欠如
 C大陸進出とシナ事変
満州事変、満州国建設(地図56) 熱河進駐国連脱退、国際的孤立(地図52)
  中華民国との全面戦争、その長期化(地図56)

2、第二次世界大戦の経過と戦後処理
 @ヨーロッパの経過
独ソのポーランド分割(地図54)    ドイツとソ連の結託
フランス・イギリスの開戦躊躇      フランスの完敗、
ドイツの対ソ開戦(地図54)      アメリカ参戦  ノルマンディー上陸
 Aアジアの経過
仏印進駐、日米交渉 ハルノート  真珠湾攻撃、アジアへの進撃、(地図56)
空襲による大虐殺(地図56)   降伏と占領
 B戦後処理
講和会議無し、連合国の主要国が一方的に決定、
史上初めての戦争裁判、ニュルンベルク裁判、東京裁判、

3、第二次世界大戦の真相と歴史的意味
 @戦争結果・ヨーロッパ
ナチス敗北、ドイツの分裂(地図57)ソ連の占領・東欧の共産主義化(地図57)
Aドイツは絶対悪か?
枢軸国と中立国は多数在った(地図54・55) 
ナチスを肥大させたソ連・フランス・イギリスの重大責任
 Bファシズムに対する民主主義の勝利か?
最大の功労者のソ連は共産主義国家
ヴェルサイユ体制の否定に成功したソ連(地図53・57)  歴史の逆流
C戦争結果・アジア
アジア植民地の独立、インドが代表的(地図58) アフリカの独立へ(地図63)
 D歴史的意味
アジアの戦争に世界史的意味  500年来の植民地体制の崩壊(地図58・63)
- Count.274 (Last.2011/03/28 23:25) -


第八回 第二次世界大戦後の世界―東西対立―  主権回復を目指す会事務局 - 2011/03/28(Mon) 23:27 ID:VQsVnGhA No.304 引用
投稿日:2011/02/24(Thu) 02:50 の分

日本ナショナリズム研究所 歴史基本講座

○第八回 第二次世界大戦後の世界―東西対立―

平成22年2月25日(金)18:00開場 18:30開始

場所:文京区民センター (3ーD会議室 )03(3814)6731
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

 資料代:一般 千円 警察・公安関係者 一万円


第八回 第二次世界大戦後の世界―東西対立―  酒井信彦

1、第二次大戦の結果と残された課題
 @第二次大戦の結果
  ヨーロッパ 歴史の逆戻り 共産主義の拡大(地図57)
  アジア 植民地体制の崩壊 民族の独立   共産化(地図58)
  米ソ対決時代へ シナの国共内戦
 A残された課題
  民主化問題 共産化よる自由の喪失 東欧 東アジア
  民族独立問題 共産主義の多民族国家の存在
   ソ連 ロシア帝国の継続
   中共 清帝国の復活(地図47と58) チベットなどを侵略併合

2、東西対立と「冷戦」のウソ
 @ヨーロッパの冷戦構造
  東西対立構造 政治・経済・軍事(地図60@AB)
  東欧の民主化要求と弾圧 1956ハンガリー 1968チェコ
 Aアジアは「熱戦」構造  朝鮮とベトナム  多くの犠牲を出した大戦争
  朝鮮戦争(地図59A)    短期 1950〜53   結局元に戻る
   全土が戦場  国連軍  中共の参戦  今も休戦状態
  ベトナム戦争(地図59@)  長期 戦後〜1975  北による南の併合
   地上戦は南 北は爆撃 ラオス・カンボジアを巻き込む アメリカの反戦運動
 B冷戦のウソ
  欧米中心のものの見方  歴史観  ネーミング  中東・極東
  無視され差別されるアジア     現在でも
  
3、戦後の日本
 @占領1945.8〜52.4.28
  間接占領  政府・国会の存在  皇室の存続
  東京裁判1946.5.3〜48.11.12    憲法46.11.3公布47.5.3施行
  諸改革 軍隊廃止・財閥解体・農地解放   組織的に不変 大学・マスコミ
 A講和により独立?
 サンフランシスコ講和会議1951.9.4〜9.8 対日平和条約9.8調印 日米安保条約も
- Count.275 (Last.2011/03/28 23:26) -


第九回 中華人民共和国(中共)とシナ侵略主義  主権回復を目指す会事務局 - 2011/03/28(Mon) 23:27 ID:VQsVnGhA No.305 引用
投稿日:2011/03/06(Sun) 21:06 の分

第九回 中華人民共和国(中共)とシナ侵略主義(酒井信彦)

◆九回の歴史基本講座で使う、レジュメ・資料・地図2枚を添付します

平成23年3月8日(火)18:00開場 18:30開始

場所:文京区民センター (3ーD会議室 )03(3814)6731
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

 資料代:一般 千円 警察・公安関係者 一万円

連絡:西村(090−2756−8794)



第九回 中華人民共和国(中共)とシナ侵略主義      酒井信彦

1、 中華人民共和国の成立
 国共内戦 1945〜49    49.10.1中共成立
 過激な共産化  人民公社   大躍進政策と大量餓死
 米中直接対決 1950〜53朝鮮戦争
 民族独立の時代に侵略 清帝国の再建 (地図帳34B、40@、53C、58@)
 明・清・中華民国・中共の面積比較 1・4・1・3

2、 チベットの真実
 歴史 実質的に独立を維持 (地図帳20@、24@、34B) 元・清は大帝国の間接支配
 領土 チベット高原全体 230万㎢ 中共960万㎢の四分の一 ⇒別刷り地図1・2
 文明 シナとは全く異なった文明 文字・政治体制・仏教・建築
 現代史 侵略の悲劇 120万人の犠牲者
 南モンゴル、東トルキスタンも同様の運命  三民族の土地だけで514万㎢

3、 中共の民族状況と民族概念
 多民族国家 シナ人(漢族)と55の非シナ人(「少数民族」)で構成
 チベット侵略正当化の論理 ⇒文献@
 民族概念の二重構造 「中華民族」と個々の民族 チベット人も中華民族・中国人
 「統一的多民族国家」 中華民族として単一民族国家 家族国家観
 「少数民族」「〜族」という犯罪的用語法

4、 中華民族主義=シナ侵略主義の論理と実態
 孫文の侵略的民族主義の発展段階
 1906「駆除韃慮」→1912「五族共和」→1921「中華民族」 ⇒文献ABC
 建前はあくまで平等、56族共和 本音は併合・吸収・消滅 中華民族=シナ人だけ
 1924「四億の中国人の大多数はすべて漢人、完全な一つの民族」 ⇒文献D
 非シナ人に生存権は無い 民族浄化     1990年代旧ユーゴ
 日本語の「中国」・「中華」という言葉の犯罪性  侵略の共犯者

5、 更なる侵略と日本の未来
 中華民族への編入による侵略  周辺国に「少数民族」と同一民族が居住
 日本はシナ文明を大量受容   漢字漢文・律令制度・シナ仏教・建築工芸
冊封(さくほう)関係の歴史の利用  形式的主従関係を実態視
 「大和族」創設のニュース ⇒文献E    中華世紀壇の空白 ⇒文献F
 現実に進行するシナ人の人口侵略   安保条約では防げない
- Count.276 (Last.2011/03/28 23:27) -


中止のお知らせ 第十回目 平成23年3月25日(金)  主権回復を目指す会事務局 - 2011/03/28(Mon) 23:28 ID:VQsVnGhA No.307 引用
投稿日:2011/03/18(Fri) 10:26 の分

第十回目 平成23年 3月25日(金)18:00開場 18:30開始

上記の予定を中止します。節電のため区民センターの夜間の使用が中止となっています。
- Count.277 (Last.2011/03/28 23:27) -


延期のお知らせ  主権回復を目指す会 - 2011/04/04(Mon) 08:56 ID:FxX3X8fc No.342 引用
下記の予定を延期します。節電のため区民センターの夜間の使用が中止、再開の節は告知します。

第十一回目 平成23年 4月 8日(金)18:00開場 18:30開始
第十二回目 平成23年 4月27日(水)18:00開場 18:30開始
- Count.46 (Last.2011/04/03 20:26) -


再開のお知らせ  主権回復を目指す会事務局 - 2011/05/06(Fri) 10:54 ID:zgz9ZBRc No.431 引用
再開のお知らせ

歴史基本講座を再開します

第十回目  平成23年5月12日(木)18:00会場 18:30開始
第十一回目 平成23年5月25日(水)   同 上
第十二回目 平成23年6月 8日(水)   同 上
- Count.314 (Last.2011/05/05 10:30) -


第十回 東西対立の消滅、しかし存続する矛盾  主権回復を目指す会事務局 - 2011/05/09(Mon) 12:13 ID:DajUTZIg No.435 引用
○日本ナショナリズム研究所 歴史基本講座

<第十回 東西対立の消滅、しかし存続する矛盾>


日時:平成23年5月12日(木)18:00会場 18:30開始

場所:文京区民センター (3ーD会議室 )03(3814)6731
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

 資料代:一般 千円 

使用テキスト(必携):『世界史年表・地図』(吉川弘文館 千三百円)
主催:日本ナショナリズム研究所 事務局:主権回復を目指す会
連絡:西村(090-2756-8794)又はinfo@shukenkaifuku.com



第十回 東西対立の消滅、しかし存続する矛盾

【抗議内容】

1、歴史の基本的潮流 民主化と民族独立
 第一次世界大戦後  ヨーロッパ  四大帝国の消滅  八つの独立国の出現
 第二次世界大戦後  アジア・アフリカに大量の独立国 植民地支配体制の崩壊
  敗戦国だけでなく戦勝国の帝国も消滅   大日本帝国  大英帝国
共産国家の増加  東西対立の発生  冷戦の誤り、アジアは熱戦
共産主義の二大侵略国家  ソ連・ロシア帝国の継承  中共・清帝国の再興

2、東西対立消滅の前提  米中接近とソ連の弱体化
 文化大革命とベトナム戦争  米中ともに弱み
 アメリカ ソ連に集中したいという意向
 72.2ニクソン訪中  正式国交は79.1   日本 田中拙速外交で72,9国交
 ソ連のアフガン戦争 79.12〜89.2     レーガン大統領「悪の帝国」

3、ヨーロッパの変化@ 民主化の実現
 ソ連のペレストロイカ87〜 ゴルバチョフ
 東欧の変化 自由化 ポーランド ハンガリー    ベルリンの壁撤去89.11
 ソ連自体と東ヨーロッパ諸国の民主化 東西ドイツの統一

4、ヨーロッパの変化A 民族独立の達成
 ソ連15構成共和国の独立 バルト三国 東欧三国 カフカス三国 中央アジア五国
チェコとスロバキアの分離 第一次大戦後オーストリアから独立
ユーゴスラビアの分裂 スロヴェニア クロアチア ボスニア・ヘルツェゴビナ
  マケドニア セルビア モンテネグロ コソボ

5、変わらないアジアの「冷戦構造」  巨大な矛盾の存続
 共産主義国家の存続 中共・北朝鮮・ベトナム  例外はモンゴル92.2民主化
 中共の民主化運動の失敗 89.6.4天安門事件
 実現しない民族独立   チベット・ウイグルの独立運動へ血の弾圧
 独立は92年の東チモールのみ
第一次対戦後と同じ矛盾 変化はヨーロッパだけ  差別されるアジア

6、東西対立が消滅したのにアジアが変わらない原因  アメリカの方が変わった
 米中の結託 アメリカの堕落・変節  最大の課題をテロ問題にすり替え
 中共経済の急成長    エコノミック・アニマルになった欧米先進国
利用されるだけの日本    天皇訪中    唯一の誇り経済の没落
- Count.316 (Last.2011/05/08 14:50) -


第十一回 東西対立の消滅、しかし存続する矛盾  主権回復を目指す会事務局 - 2011/05/24(Tue) 20:49 ID:adEHmSXE No.444 引用
 
歴史基本講座の案内

<第十一回 東西対立の消滅、しかし存続する矛盾>


日時:平成23年5月25日(木)18:00会場 18:30開始

場所:文京区民センター (3ーD会議室 )03(3814)6731
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

 資料代:一般 千円 

使用テキスト(必携):『世界史年表・地図』(吉川弘文館 千三百円)
主催:日本ナショナリズム研究所 事務局:主権回復を目指す会
連絡:西村(090-2756-8794)又はinfo@shukenkaifuku.com



平成23年5月25日

第十一回 米中結託による歴史の逆流        酒井信彦

1、 戦後の米中関係
 戦争直後と朝鮮戦争  アメリカは国民党支援   朝鮮戦争で直接戦争
 関係復活 72ニクソン訪中  両者の窮状と対ソ優先  79米中正式関係成立
 80年代  アフガン戦争で米中提携   アルカイダ ビン・ラディン

2、 ヨーロッパの変化と90年代の東アジア
 ヨーロッパの変化(前回詳述) ソ連の崩壊   民主化と民族独立
 中共  89天安門事件 西側の制裁   天皇訪中 制裁の済し崩し解除
 90年代米中密接化   97香港返還とアジア経済危機  98クリントン訪中

3、米中経済関係
 米中  実態的に経済同盟     大量生産国と大量消費国
 アメリカによる指導   中共の経済成長を促進   ポールソン、頻繁な訪中
対日と正反対   アメリカ、日本経済抑圧   構造改革 年次要望書
 米中共同で対日攻撃     経済問題と歴史問題
 アメリカ、中共の軍国主義・人権弾圧・侵略を容認

4、 9・11テロと世界大不況
 中共の外交力  96.4上海ファイブ  01.6上海協力機構
 01.9.11同時多発テロ   反テロ戦争  01.10アフガニスタン  03.3イラク
 中共の軍国主義化     軍事費20年以上二桁成長    海と宇宙
 08聖火リレー騒動    08.8米仏大統領北京五輪出席   カノッサの屈辱
 アメリカ発の世界大不況  サブプライム  08.9リーマンショック
 破綻から再建へ  中共への期待・依存   アメリカと中共だけでG2構想

5、 最近の動向
中共経済の急回復  GDP二位達成  全世界への資源獲得戦略
 中共の増長  軍国主義の徹底  航空母艦 ステルス戦闘機
 米中関係  表面的対立と実質的妥協   グーグル・チベット・台湾・人民元
 尖閣事件  核心的利益の主張  南シナ海・東シナ海も

6、 歴史の逆流
 第一次大戦後と同じ矛盾        それが罷り通る異常
 欧米先進国のダブル・スタンダード   中東の民主化  中共のジャスミン革命
正義が踏みにじられる暗黒の世界    弱肉強食の帝国主義時代の復活
 日本自身の存続が危うい        それをわざわざ推進する日本人
- Count.319 (Last.2011/05/23 09:58) -


第十二回 騙され切った民族・日本の惨状  主権回復を目指す会 - 2011/06/05(Sun) 21:05 ID:N5tUfkas No.450 引用


<第十二回 騙され切った民族・日本の惨状>


日時:平成23年6月8日(水)18:00会場 18:30開始

場所:文京区民センター (3ーD会議室 )03(3814)6731
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

 資料代:一般 千円 

使用テキスト(必携):『世界史年表・地図』(吉川弘文館 千三百円)
主催:日本ナショナリズム研究所 事務局:主権回復を目指す会
連絡:西村(090-2756-8794)又はinfo@shukenkaifuku.com


○日本ナショナリズム研究所 歴史基本講座   平成23年6月8日

第十二回 騙され切った民族・日本の惨状   酒井信彦

1、歴史問題と日本人の偽善主義
 東京裁判史観が淵源   日中関係から再構築  72日中国交  82教科書問題
 自国・自民族を貶めて得意になる  道徳的虚栄心  虐日偽善主義
 精神的なドメスティック・バイオレンス   保守は左翼思想と勘違い
 精神侵略の凶器になる  簡単に分かる虚妄性  中共こそ現実の侵略国家
 アメリカも東京裁判史観再確認  慰安婦決議  ブッシュ演説

2、アメリカに敗北した経済   第二の敗戦   失われた〜十年
 アメリカの日本バッシング  アンフェアーと批難  構造改革要求・年次要望書
日本経済の凋落   十数年間経済成長なし  一人当たりGDP順位の急落
自殺者の急増  2万人台から3万人台へ  1998年・平成10年  以後減少せず
日本人の生命・財産を守らない国家権力  抵抗しない日本  真の独立国でない証拠
 アメリカの対中態度  日本と正反対   同盟国を叩き共産主義国家を援助
経済成長を指導・促進   軍国主義・人権弾圧・侵略すら容認

3、日本の政治と社会の劣化
政治の劣化は自民党時代から  経済問題と歴史問題   米中共同で対日攻撃
無能政治の典型    成田空港   首都圏高速環状道路    地震対策
防衛予算の停滞・減少 GDP比1%以下    中共は20年以上二桁成長
やるべきことをやらないのに巨額の財政赤字
貧富の格差拡大   社会としての中間層の弱体化   中間管理職層の劣化
モラルの低下  落書き 自転車  教育の崩壊  校則破壊  服装の乱れ

4、日本没落を促進する民主党と東日本大震災
 ばら撒き 子供手当て 「コンクリートから人へ」 中共は内需拡大に公共事業
 アメリカと中共への更なる従属   普天間問題    尖閣事件
 外国人参政権 国籍取得安易化   シナ人の人口侵略をわざわざ呼び込む
 震災で政治の無能を完全に露呈     ちっとも纏まらず
 経済の没落   日本企業が逃げ出し  外国が日本企業を買収
 震災がシナ人による侵略を加速

5、国家意識・民族意識の喪失で騙され切った民族に自己喪失 自己主張ができない   今や昔の日本人ではない シナ・朝鮮と逆転
 国家意識・民族意識が無いから同胞を裏切れる
 アメリカ人とシナ人に騙されている   知っている人間は沈黙
 日本の未来  アメリカからシナ人に売り飛ばされる
- Count.63 (Last.2011/06/03 10:50) -

裁判のお知らせ  投稿者:主権回復を目指す会事務局 投稿日:2011/04/25(Mon) 15:51 ID:73wKl7no No.401 引用

裁判のお知らせ

<映画『ザ・−コーヴ』は究極の日本人差別だ!>

(株)アンプラグド(代表取締役・加藤武史)の反日を許すな


日時:4月26日(火) 14:00 街宣開始 13:30から(雨天決行)

場所:東京高等裁判所 825号法廷

連絡・西村(090-2756-8794)


究極の虐日映画『ザ・−コーヴ』の配給会社である(株)アンプラグド(代表取締役・加藤武史)が、この映画の上映反対を展開した西村修平代表に対して、この行為が「強要罪」「名誉毀損罪」「信用毀損罪」「「威力業務妨害罪」に該当する違法行為だとして540万円の損害賠償を求めた裁判の判決が昨年12月17日、東京地裁で下された。

阿部潤裁判長は主権回復を目指す会と抗議参加者らなどに、「正当な政治活動や表現行為から逸脱している」と述べ、同社事務所と加藤武史社長の自宅から半径100メートル以内での街宣活動の禁止と計110万円の賠償を命じた。

西村修平代表はこれを不服とした控訴、その第一回口頭弁論が開かれる。

虐日映画『ザ・コーヴ』の撮影スタイルは全てが「盗撮」で成り立っている。しかもその「盗撮」自体が欧米白人による自己演出である。「盗撮」はこれ自体が窃盗行為であって、窃盗という反社会的行為の上に成り立つドキュメンタリー映画など存在しない。

主権回復を目指す会は判決を不当として徹底的に戦い抜く方針です。
- Count.308 (Last.2011/04/24 00:04) -


遂に高裁判決! 栃木県警巡査の「発砲」裁判  主 張(主権回復を目指す会) - 2011/04/26(Tue) 13:01 ID:FoySAS8I No.405 引用
遂に高裁判決! 栃木県警巡査の「発砲」裁判


【判決の言い渡し】

日時:平成23年4月28日(木曜日) 14時30分から言い渡し

場所:東京高等裁判所 424号法廷


※判決の後、東京高裁前にて演説活動を行ないます

日時:平成23年4月28日(木曜日) 15時頃を予定

場所:東京高裁前

主催:NPO外国人犯罪追放運動 主権回復を目指す会

連絡:有門大輔(090−4439−6570) 西村修平(090−2756−8794)



凶悪支那人(中国人)への制圧めぐる県の責任問うた民事訴訟が決着!

 栃木県の中心部・宇都宮から車で向かうこと約20分、周囲には自動販売機さえなく、田畑が広がり登下校の時間にはヘルメットを着用した中学生らが行き交う長閑な片田舎の上都賀郡真名子(かみつがぐん・まなこ)で警察官が拳銃使用に至らねばならないほど凶悪な事件が発生したのは今から5年前の平成18年6月23日夕刻のこと。 周囲を徘徊していた不審な支那人の男二人に職務質問をした同県警の平田学巡査(現巡査長)だったが、二人は一瞬の隙をついて走って逃走。うち一人の羅成(らせい)は外国人研修生として岐阜県内の会社に勤務していたものの、そこから失踪して事件当時は既に不法滞在者となっていた。
 
 追いついて来た平田巡査に対し、羅成は制止命令を無視して殴る蹴る、引き回す、押し倒すなど激しい暴行を加えた上、平田巡査が携行していた拳銃を奪おうとまでした挙げ句、なおも民家の庭に逃げ込んで今度は石灯籠を振り上げて平田巡査に襲いかかった。

 平田巡査は拳銃を取り出し、再三の警告の上、最後の最後でとうとう発砲せざるを得なくなったため、止む無く拳銃一発を発射。
 銃弾は羅成の腹部に命中し、それによってこの支那人凶悪犯は死亡したが、人家の庭、それも付近には住宅が並び、誰に危害が及んだかも分からない状況で、平田巡査の発砲は自身を守るのみならず県民の生命・財産を守り抜いた正当な職務遂行として称賛に値する。

事件発生時のエントリー 2006年6月23日
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/50441475.html

 しかし、その後、死亡した羅成の遺族は人権派弁護士・鬼束忠則や日隅一雄らを訴訟代理人として発砲した平田巡査を「特別公務員暴行陵虐致死罪」で刑事告発した上、栃木県の責任を追及して5千万円もの民事賠償請求訴訟を起こしたのである。

 宇都宮地裁の一審判決は原告側・羅成の遺族の訴えを全面的に退ける至極当然の判決。だが、羅成の遺族と人権派弁護士らはなおも上告して、拳銃使用という警察官の正当な職務遂行を問題視する卑劣な「引き延ばし戦術」に及んだのである。


宇都宮地裁(民事一審)県側勝訴 2009年4月23日
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51328781.html
※注)画像が表示されなくなっています


 民事の一審判決の前、刑事告発を受けた宇都宮地検はこれを不起訴としており、その後、遺族らの「付審判請求」によって一転して平田巡査を特別公務員暴行陵虐致死罪の刑事罰に問うことになったものの昨年から今年2月にかけて行なわれた刑事裁判の一審判決でも平田巡査に「120%の無罪」を言い渡す判決が下された。


宇都宮地裁(刑事)無罪判決 2011年2月10日
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51686027.html

 既に民事でも刑事でも「完全決着」はついており、誰が見ても誰が聞いても悪いのは凶器を振りかざして凶行に及んだ支那人凶悪犯・羅成に他ならず、平田巡査の発砲は拳銃の携行ならびに使用を認めた法治主義に基づく正当な職務遂行で国民の生命・財産を守る英雄的な行動である。


 これ以上、法廷を侮辱し一人の警察官を貶め、日本人を侮った子供騙しにも値しない愚劣な法廷戦術を看過するな!

 高裁での「原告敗訴・県側勝訴」という完全決着にて法を弄ぶ卑劣な人権派弁護士に怒りの限りをぶつけてやろう!  
- Count.13 (Last.2011/04/26 11:49) -


東京高裁判決 映画『ザ・コーヴ』  主権回復を目指す会事務局 - 2011/05/25(Wed) 17:10 ID:IJPx6bqE No.445 引用
<映画『ザ・−コーヴ』は究極の日本人差別だ!>

(株)アンプラグド(代表取締役・加藤武史)が西村修平代表と、そのデモ参加者らに対して、540万円の損害賠償を求めている裁判の控訴審判決、判決終了後、高裁前で報告集会を開きます。

この控訴審で、人証申出として加藤武史の証人尋問を請求したが、園生隆司裁判長はこの申し出を何らの理由もないまま却下した。


日時:5月26日(木) 判決13:15 判決後、高裁前で街宣を行います。

場所:東京高等裁判所 424号法廷

連絡・西村(090-2756-8794)
- Count.320 (Last.2011/05/24 20:49) -

緊急!シナ大使館への土地売却を阻止せよ  投稿者:主権回復を目指す会事務局 投稿日:2011/05/17(Tue) 23:07 ID:Wo./TcY. No.438 引用


      5月25日の売買契約の破棄を!!

     <シナ大使館への土地売却を阻止せよ>

 国家公務員共済組合連合会(KKR)の土地売却は許し難き売国行為だ



日時:平成23年5月18日(水) 15:00集合

場所:国家公務員共済組合連合会 千代田 区九段南1−1−10 九段合同庁舎

http://www.kkr.or.jp/all/access.htm 03−3222−1841(代表)


国家公務員共済組合連合会(KKR)が公告した港区南麻布の私有地5677平方メートルを、シナ大使館が一般競争入札(約60億円)した。

それも大使館隣の都心一等地を。外交上シナ大使館はシナの領土だ。それに隣接する土地を取得することは紛れもない“領土”の拡張である。

現行のシナ政府はわが日本民族とは敵対関係、シナは我が国にとっては侵略国家、この度の“領土”の拡張を侵略と言わずして何と言えばいいのか。

目先の金に目が眩み、領土を売り渡した国家公務員共済組合連合会(KKR)は売国奴の誹りを免れ得ない。今月25日の売買契約を粉砕して我が国領土を死守しよう!


呼び掛け:主権回復を目指す会 金子吉晴 排害社 ※雨天決行

連絡:西村(090-2756-8794)
- Count.317 (Last.2011/05/09 12:13) -


契約日は25日、あらゆる手段の抗議行動を!  主権回復を目指す会 - 2011/05/20(Fri) 13:25 ID:yUbep282 No.441 引用
◆契約日は25日、あらゆる手段の抗議行動を!

国家公務員共済組合連合会(KKR)
03−3222−1841(代)

当会は18,19日の両日、KKRに出向き徹底抗議を続けています。

このなかで、KKRは落札物件について、重要案件として審議をかけていない違法行為が明らかになった。

売買の白紙撤回、売却延期は国会議員が財務省側へ申し込めば簡単に出来る事柄である。

各位おかれましては、国家議員らに呼び掛けてシナの領土拡張反対を訴えて頂きたい。


売却破棄要請文
    <暴力団(シナ)への土地売却は犯罪である>

KKRはシナとの売買を白紙撤回せよ!


国家公務員共済組合連合会(KKR)
理事長 尾原 榮夫 殿


平成23年5月18日
主権回復を目指す会

貴殿が理事長を務める国家公務員共済組合連合会(KKR)はこの度、私有地5667平方メートルを60億円でシナ大使館に売却しようとしているが、これは許し難き売国行為である。

シナは一党独裁国家であり、且つ世界最大の人権蹂躙国家である。我が国に対しては尖閣諸島の領海侵犯を度々繰り返し、謝罪どころか尖閣諸島をシナ領土といって憚らない強盗国家である。

シナ全土における反日暴動、また長野聖火リレー時における破壊活動など、いずれも謝罪ではなく、日本側に責任があると強盗の居直りを決め込んでいる。それはまさしく世界の暴力団といってもいい。

外交上シナ大使館はシナの領土、それに隣接する土地を取得することは紛れもない“領土”の拡張である。現有3,300坪に落札した1,700坪が加われば巨大なシナ領土が都心に誕生することになる。

現行のシナ政府はわが日本民族とは敵対関係、シナは我が国にとって侵略国家、この度の“領土”の拡張を侵略と言わずして何と言えばいいのか。シナが落札した物件は土地ではなく、紛れもない我が国領土なのである。

しかも驚くべきことに、理事長の尾原榮夫はこの重要な売買案件を運営審議会にかけていなかった。東日本大震災のどさくさに紛れて、土地の不法売買を企んだ。万死に値する所行である。

目先の金に目が眩み、世界の暴力団・シナに領土を売り渡した国家公務員共済組合連合会(KKR)は売国奴の誹りを免れ得ない。我々日本国民は、来る今月25日の売買契約を完全白紙撤回するよう断固として要求する。

       売国集団・国家公務員共済組合連合会KKRは解体せよ!

       理事長の尾原榮夫は切腹して売国行為を謝罪せよ!
- Count.60 (Last.2011/05/19 09:33) -


座り込み決行!5月25日が契約期限日  主権回復を目指す会事務局 - 2011/05/23(Mon) 09:58 ID:q/8aBUcg No.443 引用
かくすればかくなるものと知りながら男子の本懐示すときあり


5月25日が契約期限日


心ある日本国民よ、座死するな!



【行動日程】

 5月23日(月) 財務省   11:30

   同じく   共済組合前  17:00

 5月24日(火)共済組合前  08:30から終日

 5月25日(水)共済組合前  08:30から終日
- Count.318 (Last.2011/05/17 23:07) -

温家宝と李明博への警告街宣  投稿者:主権回復を目指す会 投稿日:2011/05/19(Thu) 09:33 ID:GCg3iK3k No.440 引用

温家宝と李明博への警告街宣

     <シナ、朝鮮のは火事場ドロボーを止めろ!>

        尖閣諸島と竹島を死守するぞ


日時:平成23年5月22日(日)11:00集合

場所:JR四谷駅 交番前(迎賓館側)


温家宝首相と韓国の李明博大統領は、21日に東日本大震災の被災者らを励ますため、東京電力福島第一原発事故が起きた福島県内の避難所を菅直人首相直人首相とともに訪れる。さらに、22日には迎賓館で日シ韓首脳会談を開く。

政府筋での話では、会談では領土問題は討議しないとされているが、国家主権が犯されている現状を前にこれを不問にする菅直人の対応を黙認できない。

シナの尖閣諸島侵犯問題は未だ清算されていない。朝鮮の竹島軍事占領が然りだ。菅首相はシナ、朝鮮の震災支援のポーズに惑わされず、領土問題を最重要課題として会談に臨め!



呼び掛け:主権回復を目指す会 金子吉晴 排害社

連絡:(090-2756-8794)
- Count.59 (Last.2011/05/18 00:33) -


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗号キー

- JN + YYB + alpha -

- Joyful Note -
enhanced by [w-Space.net]